快適さを追求しよう

修理

10年の耐久性があります

いつも便利に使っている給湯器は、10年も過ぎるとさまざまな異変が生じて、交換の時期が訪れます。給湯器はキッチンや洗面台、浴槽で利用され、ちょっとした異変を見流してしまうと、いざという時に困った状態になります。浴室では経年変化と共にシャワーの温度にムラが生じたり、追い炊き機能がうまく動かないといった症状が現れます。室外機ではファンの音が大きく日頃とは違う異音や焦げ臭いような異臭が起こる場合があります。ファンの交換で修理ができる場合もありますが、10年を過ぎたら交換を考えましょう。給湯器を買い替える時には、住んでいる家族構成に応じてサイズを考えて取り付けます。同時に複数の人が給湯器を利用する場合、サイズが小さいと能力が発揮できずに湯量が少なくなったり、温度が上がらなくなる場合があります。マンションや一軒家でもスペースの問題から室外機の形状が異なります。一軒家では住まいの北口の壁に取り付けたり、地面に据え置いたりするものがあります。共同住宅では水道管やガス管が内蔵されている玄関脇のスペースに収納されています。取り付ける前に給湯器の形状やサイズ、性能などを相談して、自分の住まいと相性の良いものか確認してもらいましょう。取り付ける前にはあらかじめ住まいの状況を確認してもらい、取付にも立ち合うとよいでしょう。時間と共に子供が生まれるなど家族が増える事があるので、使用するのに余裕のあるものを選んで快適さを追求しましょう。

Copyright© 2018 給湯器の業者選び|安心して給湯器を使うことができる All Rights Reserved.